京都市北区小山下板倉町

設計:(株)トラフ建築設計事務所

施工:京都建設(株)

全躯体:コンプラストXP1000、外壁:ウエテキシS、屋上:デックガードP20

1209 京都市北区 M氏邸(写真シートのPDFファイルです)

京都M氏邸002全躯体にコンプラストを使用し、屋上はTBK-300工法によるコンクリート躯体防水である。

京都M氏邸003

Read more M氏邸新築工事 はコメントを受け付けていません。

福井県福井市

施工:(株)クロダハウス福井支店

1302 福井市 Lupinus 改装(←写真シートのPDFファイルはこちらをクリック)

サンドテックス

マグノリア色:外壁(594㎡)天井(134㎡)

ミッドストーン色:外壁(151㎡)

ベージュ色:内壁(341㎡)

水性スタビ ダート・リペレント

ルピナス002築30年のRC造3階建集合住宅である。仕上げにサンドテックスを採用して、内外壁天井合計1220㎡を塗り替えた。同時に名称をLupinusに改め、生まれ変わった。

ルピナス0033階の廊下、内壁はサンドテックスのベージュ色、天井はマグノリア色。

 

 

Read more 賃貸マンション「Lupinus(ルピナス)」(旧グリーンコーポ大宮)塗り替え工事 はコメントを受け付けていません。

兵庫県西宮市鷲林寺南町

設計:イースタン建築設計事務所

施工:(株)深阪工務店

ダート・リペレント

鷲林寺002西宮から大阪方面を見下ろす六甲山中腹に建てられた住宅である。外壁のアクリルエマルジョン系白色塗装材の汚れ防止にダート・リペレントが使用されている。

ダート・リペレントは、英国で開発された水性透明の特殊シリカ溶液で、光触媒ではないユニークな親水性メカニズムにより、ドラマチックな汚れ防止効果を発揮する。しかも、極めて安価で経済的である。

鷲林寺003

阪神間を眺望する二階部分。

 

Read more O氏邸新築工事 はコメントを受け付けていません。

宮崎県日向市

ダート・リペレント

1208 宮崎日向のダートレペレント (←写真シートのPDFファイルはこちらをクリック)

新光触媒アースリーコートの下地剤として、外壁塗装面汚染防止剤ダートリペレントが使用された。

当初、外壁全面がエマルジョン樹脂系吹付け材となっていたが、実際には正面鉢巻の赤色部分は溶剤系ウレタン塗装であった。施工直後は撥水性が顕著なので、新光触媒アースリーコートの塗布が困難である。

ダート・リレペントが親水効果を発揮するか懸念されたが、塗布して1時間が経過した後に水を噴霧したところ(上段の写真)、右半分の処理部が見事に親水性を呈した。

宮崎県日向市001

Read more 宮崎県某大型店舗新築工事 はコメントを受け付けていません。

北海道札幌市東区

設計・施工:(株)札建工業

クリアシールド・システム & リトリン

ドウデン001

太陽光パネルは他の建物についていたものを、特殊洗浄後、クリアシールド処理して本建物に使用することになった。地上で処理作業をしているところで、施工面積は60㎡。

ドウデン002

太陽光パネルの設置。

窓ガラスもクリアシールド処理されており、施工面積は250㎡。リトリンは各階コンクリートフロアの強化処理に使用された。

Read more ドウデン社屋新築工事 はコメントを受け付けていません。

東京都渋谷区

設計:(株)永山祐子建築設計

施工:(株)内藤建設

デックガードP20 & サンドテックス

永山祐子さんは気鋭の若手女性建築家で、コンクリート外壁木目仕上げにデックガードP20、擁壁面にサンドテックスを使用していただいた。

渋谷区Y氏邸001

Read more Y氏邸新築工事 はコメントを受け付けていません。

東京都渋谷区

設計:大島功市建築研究所

施工:(株)岩本組

コンプラストXP1000, RP264, 211デックガードP20 & レッカノン-M

「渋谷の家」002

設計者が指定した主要構造体は鉄筋コンプラストコンクリート造(壁式構造)、と言えるほど躯体防水用減水剤「コンプラスト」を信頼していただいている。

コンクリートを熟知した設計事務所による打放しコンクリート住宅である。

全躯体にコンプラストを使用し、屋上はTBK-300工法によるコンクリート躯体防水で、保護塗料として無色透明のデックガードP20が塗布されている。

デックガードP20は打放し外壁にも使用され、笠木天端はレッカノン-Mが塗布されている。

「渋谷の家」003

Read more 「渋谷の家」新築工事 はコメントを受け付けていません。

兵庫県姫路市新在家本町

設計:荒谷省午建築研究所

施工:(株)アトリエ・エイト

コンプラストXP1000 & デックガードP20

姫路城の西北に位置する高級住宅地に建つ個人住宅で、コンクリートの質感がよく活かされいる。

F氏邸002

特徴的な屋根スラブはTBK-300によるコンクリート躯体防水である。躯体防水用減水剤コンプラストを使用し、スラブ表面はデックガードP20で保護されている。

F氏邸003

北面のガーレジ入り口