福井県福井市大宮

1302 福井市 クスリのアオキ

コンプラストRP264

クスリのアオキ002

 

鉄骨造の店舗である。コンプラストは基礎と土間のコンクリート約200㎥に使用された。

クスリのアオキ003このPタイルの下がコンプラスト混和コンクリートである。

京都府上京区

設計:森村政悦建築設計事務所

施工:京都建設(株)

1208 京都 針屋町の家(←写真シートのPDFファイルはこちらをクリック)

コンプラストXP1000 & デックガードP20

針屋町の家001

 

京都特有のウナギの寝床といわれる細長い土地に建てられた住宅。コンクリート量は22㎥だが、存在感が強く感じられる。

針屋町の家003

外壁と屋根スラブをデックガードP20で保護し、屋根はTBK-300工法による躯体防水である

大阪市天王寺区真法院町

設計:佐野設計室

施工:まこと建設(株)

コンプラストRP264 & コンプラストXP1000、エボスティック・シリコーン

天王寺区真法院002

 

角の2階建て日本家屋を囲むようなL型平面の集合住宅で、地下躯体、ベランダ、陸屋根など、主要躯体コンクリートにコンプラストが使用された。屋上はTBK-300工法によるコンクリート躯体防水である

 

 

愛媛県伊予市宮下地内

施工:渡邊建設(株)

スクリーデックス

一階床、地下への階段、地下床のモルタルにスクリーデックスが使用された。

伊予市浄水場002

スクリーデックスを生モルタルに混和すると、冬でも所定の時間内にコテ仕上げが可能なので、残業する必要がない。この現場では約400㎥分のモルタルに使用された。またクラックの発生も非常に少なくなる。

伊予市浄水場003

滋賀県東近江市

施工: 大鉄工業(株)

フラッシュバンド

グレイ 225㎜(28ロール)150㎜(2ロール)100㎜(15ロール)

ブライト 150㎜(12ロール)100㎜(9ロール)

JR能登川駅002

 

シーリング材など他の防水剤を使用しても漏水が止まらなかったが、フラッシュバンドでようやく防水に成功した。

東京都文京区大塚

文京区スポーツセンター アリーナ雨漏り改修工事

施工:岡崎組

フラッシュバンド・グレイ 100㎜幅

屋根板のジョイントすべてにフラッシュバンドが貼られていて、全体で129ロール(約1200m分)が使用された。

尼崎市武庫之荘

サンドテックス/ダート・リペレント(DR)試験施工および追跡調査

撮影:2008年7月(施工3年後)

ダートリペレント実験001

右奥がダート・リペレント塗布部で、当初は下の泥はねの差が出ていたが、現在では上部の雨汚れの差が明白なり、境界線がつながった。手前の無処理部に比べて明らかに白いし、雨筋汚れも見られない。

ダートリペレント実験003

壁面の上部に、わざと乱暴にダート・リペレントを塗っておいたが、無処理部との差が非常に明らかで、ダート・リペレントの垂れ跡やハケムラまでよく分かる。

 

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!