愛媛県松山市枝松6丁目

設計:テイク設計事務所

施工:(株)エム・ワイ・ティ

使用工法:クリアシールド・システム

建物向かって右側の縦長のカーテンウォールのガラスを現場でクリアシールド処理した。

oda002

外部の見上げ

oda003

内部階段から見る。

千葉県船橋市前原東4

設計:(株)ユニ総合計画

施工:(株)大林組

使用材料:コンプラスト211 & RP264、デックガード・システム

竣工:平成15年

撮影:平成26年11月

二棟が連結した学生用マンションで、全躯体コンクリート1500㎥にコンプラストが採用された。屋上は緩い勾配の三角屋根で、コンクリート躯体防水である。表面保護のためにデックガード・システム(プライマー+トップコート)が塗布されている。 maebara002 竣工から10年以上経過しているが、漏水事故などは皆無である。

設計事務所のホームページより 「100年建築ならまさにこの方式が一番です。(中略)当事務所の推進している無防水屋根システム(よいコンクリートで造ればアスファルト防水など不要)で、ライフサイクルコストの大幅低減につながります」

maebara003 開放的な玄関ホール

山口県下関市豊浦町川棚

(株)多摩川ホールディングス

施工:(有)松建産業

パネル総数6318枚、1547.19kwの太陽光発電所である。その内の416枚のパネルをクリアシールド処理して経過をみることになった。

施工面積は540㎡

クリアシールドはガラス面を保護するだけでなく、最初の光透過率をより長期にわたって維持し、累積発電量を増大させる。

施工前のパネル面。

↓  ↓  ↓  ↓ toyoura002

現地固有の問題としてトンボの卵がある。産み付けによる被害がひどく、洗浄してもなかなか落ちない。

クリアシールド処理後。

↓  ↓  ↓  ↓ toyoura003

完璧な撥水状況が得られ、施工が正しく行われたことを示している。

東京都武蔵野市

設計:石和田建築事務所

施工:(株)北澤建設

コンプラストXP1000 & コンプラスト211

ピアノ室001

木造の母屋に連結して建てられたサイコロのようなRC造の離れで、ピアノ室である。

ピアノ室の全躯体コンクリートにコンプラストが採用され、仕上げは杉板本実型枠打ち放しである。屋根はコンクリート躯体防水

ピアノ室003

見事な仕上げである。

 

東京都渋谷区

設計:サヴァオアーキテクツ

施工:NK中条

コンプラスト211, RP264

ヴァルケッタ003

 

設計者自身の事務所に躯体防水用減水剤「コンプラスト」を採用いただいた。

Read more ヴァルケッタビル新築工事 はコメントを受け付けていません。