長野県北杜市小淵沢町

設計:(株)北川原温建築都市研究所

施工:笹沢建設(株)

使用材料:コンプラストXP 1000

小淵沢アートヴィレッジのホテルである。日本建築大賞、日本芸術院賞などを受賞した中村キース・ヘリング美術館の近くにあり、同じ北川原温氏の作品である。このホテル・キーフォレスト北杜は山梨県建築文化賞を受けた。

南アルプス、富士山、八ヶ岳を見晴らす屋上に、コンプラストによるコンクリート躯体防水工法が採用された。その上に板を張り、パーティースペースとして利用されている。

屋根コンクリートの配合:36-15-20N  W/C42.5%

Read more ホテル・キーフォレスト北杜新築工事 はコメントを受け付けていません。

佐賀県佐賀市呉服元町

設計:(株)アルフデザイン

施工:(株)丸福建設など

使用材料:コンプラスト、ダイステンダー

佐賀の名刹、宝海山願正寺境内の水密コンクリート建造物には、以前よりコンプラストが使用されている。

打ち放し平屋の納骨堂

最近造られた永代廟

Read more 願正寺のコンクリート建造物 はコメントを受け付けていません。

富山県滑川市下梅沢

設計:千代田テクノエース(株)

施工:名工建設(株)

使用工法:クリアシールド・システム

三番目に建てられた工場棟で、2階より上の窓列の外部ガラス面がクリアシールド処理された。

下の写真の左端がObelisk棟、また、右端に少し見えるのが、最初にクリアシールドが採用されたグローバル開発品質管理センターのHoneycomb棟(2000㎡)である。

Read more 日医工Obelisk棟新築工事 はコメントを受け付けていません。

北海道札幌市清田区

設計:稲井建築設計事務所

施工:(株)エーシーエム

使用材料:コンプラスト211

nihoneisei002 2階とランプの床コンクリートにコンプラストが採用された。コンクリート量は110㎥。 nihoneisei003

Read more 日本衛生立体駐車場新築工事 はコメントを受け付けていません。

堺市堺区宿院町西2丁目1番1号

施主:堺市

設計:(株)東畑建築事務所

施工:橋爪・日野建設工事共同企業体

使用材料:ウエテキシS

nigiwai003

堺で生まれた千利休、与謝野晶子のもてなし、創作の原点を紹介し、立札呈茶や茶室お点前体験などの茶の湯体験もできる。内容盛りだくさんの施設である。

堺市立歴史文化にぎわいプラザHP

外壁はカラーモルタルかき落とし仕上げで、全面がウエテキシSで撥水処理されている。一部にコンクリート打ち放し仕上げもあり、やはりウエテキシSが使用された。

nigiwai001

総施工面積は約1700㎡

Read more さかい利晶の杜 堺市立歴史文化にぎわいプラザ新築工事 はコメントを受け付けていません。

宮崎県西都市穂北原無田太陽光発電所

設置者:(株)晟洸

出力 :49.5kw

施工 :(株)クロダエコプロ

面積 :350㎡

haramuta002

クリアシールド・システムは太陽光発電パネルの表面にあるガラス層を保護し、最初の光透過性を維持して累積発電量を増大させ、さらにメンテナンスを軽減します。

haramuta001

Read more 原無田太陽光発電所クリアシールド処理 はコメントを受け付けていません。

京都市山科区御陵四丁野町

設計:(株)東畑建築事務所

施工:(株)大林組

使用工法:クリアシールド・システム

クリアシールド・システムは耐久的なガラス面保護処理工法である。処理後のガラス面は、汚れにくく、洗いやすく、透明感・可視性・清潔さをより長期にわたり維持する。

biocenter001

Read more 京都薬科大学バイオサイエンス研究センター はコメントを受け付けていません。

埼玉県ふじみ野市鶴ヶ丘一丁目

設計:細谷功+スタジオ4設計

施工:(株)内田産業

使用材料:ウエテキシS & デックガードP20

stendhal001

ウエテキシSとデックガードP20は、ともにコンクリート打放し面を汚れにくくする浸透性吸水防止剤である。

stendhal002

鹿児島県肝属郡肝付町後田

事業主:ソーラーシティジャパン

施主 :サンシティジャパン

使用工法:クリアシールド・システム

54kwの分譲太陽光発電所を16区画建設中で、全ての太陽光パネルの表面ガラスにクリアシールドが指定されている。現在、7区画が設置済みで、その内、4区画がクリアシールド処理済み、3区画が未処理である。

1区画当たりのクリアシールド施工面積は約350㎡で、16区画では計5600㎡に及ぶ。

solarcity002

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

未処理区画の発電量が明白に低下したので、行ってみると、桜島の火山灰を被っていた。雨が降っても流されずに残り、太陽光の透過を妨げている。桜島までの距離は約40km。

solarcity003

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

一方、クリアシールド処理した区画は、火山灰が固着せず、雨に流されて、当初の発電量を維持していた。

愛媛県松山市枝松6丁目

設計:テイク設計事務所

施工:(株)エム・ワイ・ティ

使用工法:クリアシールド・システム

建物向かって右側の縦長のカーテンウォールのガラスを現場でクリアシールド処理した。

oda002

外部の見上げ

oda003

内部階段から見る。