宮崎県小林市南西方

施工:クロダエコプロ

使用工法:クリアシールド・システム

民間の小規模太陽光発電所である。

54kW規模が2基隣接し、モジュールは合計432枚、表面積約700㎡である。

samiya002

これら全てが現場でクリアシールド処理された。クリアシールドは最初の光透過率を維持し、長期にわたる累積発電量を増大させる。

samiya003

ニュートライザー処理してから、クリアシールドを塗布する。

手前のパネルが鈍く光っているのはクリアシールドの余剰ポリマーのせいで、洗浄または降雨により除去されるとムラはなくなり、クリアシールド層は完全に透明になる。