使用工法

クリアシールド・システム

築10年でトップライトのシーリングの打ち替えが行われたが、古いシーリング材に付随する汚れがガラス全面に広がり、また、鉄道からの鉄粉の固着も見られた。

そこでガラス全面を研磨してから、ガラスの美観の維持と保護のためにクリアシールド処理が行われた。施工面積は1300㎡におよぶ。

向かって左側が処理後、右側が未処理。

使用工法 クリアシールド ・システム

幹線道路側、よく目立つガラスカーテンウォール前面にクリアシールド が採用された。クリアシールド 処理を施したガラスは、交通汚染や塩害からガラス面を保護し、清潔な透明感をより長く維持してメンテナンス費用を節減する。

クリアシールド 処理はガラス加工工場内で行われた
続きを読む 大分県 大分銀行佐伯支店新築工事 はコメントを受け付けていません

北海道札幌市中央区西一丁目

施工:五十嵐美装(株)

使用工法:クリアシールド・システム

   

大通公園に立つ高さ147.2mの鉄塔で、札幌のランドマークである。地上90.38mに展望台があり、大通公園をはじめ、遠く日本海や雄大な石狩平野などを背景に札幌市全域を一望できる。

アクセス困難な展望台窓ガラス外部にクリアシールドが採用された。適正清掃は年2回である。

続きを読む さっぽろテレビ塔展望台 はコメントを受け付けていません

東京都港区海岸一丁目竹芝旅客ターミナル

使用工法:クリアシールド・システム

東京と伊豆諸島を結ぶ高速ジェット船は、セブンアイランド愛、紅、友、大漁の4隻が就航している。これらすべての窓ガラス外部にクリアシールド処理されている。明瞭な視界を確保するとともにガラス面を保護するためである。

ブリッジの窓はワイパー付きであるが、2年に1回の再コーティングで充分の効果が得られているとのこと。海上で高速走行する極めて苛酷な条件を考えると、破格の耐久性である。

クリアシールドは海洋船舶の分野でも長年にわたって広く使用されており、その優れた保護効果が実証されている。

続きを読む 東海汽船高速ジェット船・セブンアイランド大漁 はコメントを受け付けていません

富山県滑川市下梅沢

設計:千代田テクノエース(株)

施工:名工建設(株)

使用工法:クリアシールド・システム

三番目に建てられた工場棟で、2階より上の窓列の外部ガラス面がクリアシールド処理された。

下の写真の左端がObelisk棟、また、右端に少し見えるのが、最初にクリアシールドが採用されたグローバル開発品質管理センターのHoneycomb棟(2000㎡)である。

続きを読む 日医工Obelisk棟新築工事 はコメントを受け付けていません

world001

”ヴィヴァルディ・タワー”
オランダ、アムステルダム
施工面積:全外部ガラス
環境に配慮した設計で、エネルギー効率をオランダ基準値より10%アップ。

world002

”ユニポール・タワー”
(2013年現場施工)
イタリア、ボローニャ
施工面積:全外部ガラス
ボローニャで最も高いビル(147m)。環境に配慮した建築として、LEEDゴールド証明を取得。

world003

”ウルト美術館”
(2001年工場内施工)
ドイツ南西部
施工面積:2100㎡
世界的部品メーカー、ウルト本社に付属する美術館。

world004

”ビューズ・ブティック・ホテル&スパ”
(2009年現場施工)
南アフリカ、ウィルダネス
施工面積:約1500㎡
海側の外部ガラス、トップライト、サンドブラスト加工ガラス、シャワーブースkなどが、クリアシールド処理された。

world005

ロイヤルホテル
(2009年現場施工)
レバノン、ベイルート
施工面積:約1400㎡
高速道路の交通汚染、海からの塩害にさらされて窓ガラスはにぶくくもっていた。修復洗浄してから、クリアシールド処理された。

world006

インターナショナル・コマース・センター
(2010年)
香港
香港で一番高いビルで全高484m。
工事中のガラスの保護と工事後のメンテナンスの節減。

world007

マリナ・ベイ・フィナンシャル・センター
(2013年)
シンガポール、マリナ・ベイ
施工面積:約26万㎡
3棟のオフィスタワーと2棟の居住タワーなどから成る。工事中の各種汚染からガラスを保護するのが主目的。

world008

ワールド・トレード・センターⅡ
(2012年)
インドネシア、ジャカルタ
設計:Aedas(英国)
施工面積:34500㎡

続きを読む 世界のクリアシールド施工例 はコメントを受け付けていません

宮崎県西都市穂北原無田太陽光発電所

設置者:(株)晟洸

出力 :49.5kw

施工 :(株)クロダエコプロ

面積 :350㎡

haramuta002

クリアシールド・システムは太陽光発電パネルの表面にあるガラス層を保護し、最初の光透過性を維持して累積発電量を増大させ、さらにメンテナンスを軽減します。

haramuta001

続きを読む 原無田太陽光発電所クリアシールド処理 はコメントを受け付けていません

京都市山科区御陵四丁野町

設計:(株)東畑建築事務所

施工:(株)大林組

使用工法:クリアシールド・システム

クリアシールド・システムは耐久的なガラス面保護処理工法である。処理後のガラス面は、汚れにくく、洗いやすく、透明感・可視性・清潔さをより長期にわたり維持する。

biocenter001

続きを読む 京都薬科大学バイオサイエンス研究センター はコメントを受け付けていません

鹿児島県肝属郡肝付町後田

事業主:ソーラーシティジャパン

施主 :サンシティジャパン

使用工法:クリアシールド・システム

54kwの分譲太陽光発電所を16区画建設中で、全ての太陽光パネルの表面ガラスにクリアシールドが指定されている。現在、7区画が設置済みで、その内、4区画がクリアシールド処理済み、3区画が未処理である。

1区画当たりのクリアシールド施工面積は約350㎡で、16区画では計5600㎡に及ぶ。

solarcity002

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

未処理区画の発電量が明白に低下したので、行ってみると、桜島の火山灰を被っていた。雨が降っても流されずに残り、太陽光の透過を妨げている。桜島までの距離は約40km。

solarcity003

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

一方、クリアシールド処理した区画は、火山灰が固着せず、雨に流されて、当初の発電量を維持していた。

宮崎県都城市甲斐元町13街区1号

施工:(株)クロダエコプロ

使用材料

ガラス外部:クリアシールド・システム

白色漆喰部:レッカノン-M

波形鉄板屋根:アドグリーンコート

tonkaturakui002

コンビニエンスストアを改装して、とんかつレストランに生まれ変わった。

外周のすりガラスは無処理だが、その透明ガラスはすべて外部がクリアシールド処理された。室内は清潔に保つために特殊光触媒処理がされている。

tonkaturakui003