佐賀市大和町大字尼寺3247

施主・設計:国交省武雄事務所

施   工:(株)丸福建設

使用材料:コンプラストRP264

竣工(オープン):2005年12月

撮影:2017年10月

コンプラストを使用した密実なコンクリート打放し仕上げで、

配合:24-12-20N、水セメント比:54%

なんとスランプ12㎝での打設である。

さが水ものがたり館は防災・減災、河川環境の保持、河川愛護意識の啓発を目的とし、また、石井樋成富兵庫茂保の治水、利水の歴史を伝えるために設置された。

Read more 国交省嘉瀬川防災施設さが水ものがたり館 はコメントを受け付けていません。

東京都港区海岸一丁目竹芝旅客ターミナル

使用工法:クリアシールド・システム

東京と伊豆諸島を結ぶ高速ジェット船は、セブンアイランド愛、紅、友、大漁の4隻が就航している。これらすべての窓ガラス外部にクリアシールド処理されている。明瞭な視界を確保するとともにガラス面を保護するためである。

ブリッジの窓はワイパー付きであるが、2年に1回の再コーティングで充分の効果が得られているとのこと。海上で高速走行する極めて苛酷な条件を考えると、破格の耐久性である。

クリアシールドは海洋船舶の分野でも長年にわたって広く使用されており、その優れた保護効果が実証されている。

Read more 東海汽船高速ジェット船・セブンアイランド大漁 はコメントを受け付けていません。

千葉県船橋市前原東4

設計:(株)ユニ総合計画

施工:(株)大林組

使用材料:コンプラスト211 & RP264、デックガード・システム

竣工:平成15年

撮影:平成26年11月

二棟が連結した学生用マンションで、全躯体コンクリート1500㎥にコンプラストが採用された。屋上は緩い勾配の三角屋根で、コンクリート躯体防水である。表面保護のためにデックガード・システム(プライマー+トップコート)が塗布されている。 maebara002 竣工から10年以上経過しているが、漏水事故などは皆無である。

設計事務所のホームページより 「100年建築ならまさにこの方式が一番です。(中略)当事務所の推進している無防水屋根システム(よいコンクリートで造ればアスファルト防水など不要)で、ライフサイクルコストの大幅低減につながります」

maebara003 開放的な玄関ホール

鹿児島県鹿児島市 公立学校共済組合鹿児島宿泊所

設計:類設計室・東条設計JV

施工:鹿島・東急ほかJV

クリアシールド施工:2000年

直前が錦江湾と桜島で塩害と火山灰の影響を直接受ける悪条件である。海側の窓ガラス外部約1000㎡が新築時に現場でクリアシールド処理された。

wellview00212年後に簡単な追跡調査を行ったところ、全般的にガラスは非常にきれいで、ホテルのご担当の方によれば、火山灰が付着しても簡単な水洗いで残滓無く落ちるとのこと。

業者による定期クリーニングは年2回であるが、噴火により火山灰で汚れた場合は適宜ホテルのスタッフがクリーニングしている。

火山灰のためか、鹿児島にはガラスを多用した建物が少ないようである。クリアシールドがメンテナンスの軽減とガラスの保護に長期的効果があることが実証されたといえる。

wellview003非常に高度の撥水性を未だに維持している。ただし、ガラスの下部や植栽の近くでは軽度の汚損が認められた。

 

一年前に施工した手寄久我ビルのライトコートを追跡調査した。

動画は施工風景。

IMG_1371

若干、塗り筋が見えるがライトコートの塗膜は健在である。今年の豪雪を乗り越えて、美しい表面を保っている。

ライテック社製品の動画サイトはこちらまで

IMG_1372 (2014年5月9日撮影)