大阪府某邸外部木部改装工事

投稿者: カテゴリー: ライトコート オン 2020年7月10日

使用材料 ライトコート2200

住宅外壁、ガレージ外壁およびドア、門扉が全て難燃処理木材で、塗り替え工事が行われた。

代表的な仕様は、
①古く劣化した既存塗装面をペーパーがけなど下地調整する。
②撥水性浸透性木材保護塗料(油性)を塗布
③透明トップコートとして、ライトコート2200を塗布。南面とデッキには2回塗り。その他は1回塗り

総施工面積は約400㎡

屋外で長期耐久性のある木部用クリアはないそうであるが、これまでの実績からライトコート2200は10年以上の耐用年数が期待できる。

コメントは受け付けていません。