フラッシュバンド

フラッシュバンド

フラッシュバンドの耐久性(写真付)

( ↑ クリックするとカタログのPDFファイルがダウンロード可能です)

◆◇◆◇◆◇◆◇  フラッシュバンド の施工例  ◆◇◆◇◆◇◆◇

北海道石狩市、某物流倉庫折半屋根の改修工事

使用材料

フラッシュバンド (ブライト) 300㎜幅 × 80メートル

広大な屋根で部分的にすが漏れが見られるので、雨漏り対策にフラッシュバンド を

はっていくことになった。

はく離シートを剥がしながら、はっていく。

 よく押さえて下地に密着させる。

 仕上がり。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こむこむ館漏水等改修工事、立馳部フラッシュバンド 貼付工事

場所:福島県福島市早稲田町

施主:福島市

施工:亀谷建設(株)

使用材料

フラッシュバンド (ブライト)75㎜幅

セメントーン・アスファルト・ペイント

プラネタリウム屋根では、立馳部、水切り部、ジョイント、水受け部、すべてフラッシュバンド でシール

することになった。本体がシルバー色なのでブライトが選択された。

  

使用フラッシュバンド の総延長は約3,000メートル。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

京都府福知山市、某工場折半屋根改修工事

使用材料

フラッシュバンド (ブライト) 150㎜幅 × 10メートル

折半屋根全面の約5,700メートルのジョイントにフラッシュバンド をはりつけ、

その上にサビ止め塗料とシルバーペイントを施工した。

 ウォータージェットで洗浄

フラッシュバンド 用プライマーとして、溶剤系アスファルトペイントを塗布

折半の天端を先付けしてから両サイドを押さえる。

仕上げはフラッシュバンド が傷つかないようにゴムのローラーを使用。

 

サビ止め塗料を施工してから、シルバーペイントで仕上げた。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

八幡市民体育館漏水改修工事

場所:京都府八幡市上津屋

施主:八幡市

施工:(株)ベイス

使用材料

フラッシュバンド (グレイ) 300㎜幅 × 70メートル

フラッシュバンド (グレイ) 225㎜幅 × 460メートル

フラッシュバンド (グレイ) 150㎜幅 × 340メートル

フラッシュバンド (グレイ) 100㎜幅 × 120メートル

フラッシュバンド (グレイ)   70㎜幅 × 400メートル

フラッシュバンド (グレイ)        50㎜幅 × 60メートル

アスファルトプライマー                        適量

体育館屋根に2メートル×38メートルのトップライトが4レーンあり、そこからの漏水に困っていた。

 

プライマーの塗布、乾燥後、ボルトの頭と入り隅にフラッシュバンド を小さく切って

捨てばりしたところ。

さらにサッシを覆うように各種幅のフラッシュバンド をはっていった。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

JR五稜郭機関区機関車庫2号改修その他工事

場所:北海道函館市昭和四丁目

使用材料

フラッシュバンド (グレイ) 450㎜幅、225㎜幅

フラッシュバンド ・プライマーSV

フレキシアクリル水性速乾型

水切りと金属屋根との取り合いの防水補修である。

 

プライマー塗布後、屋根板のジョイントを中心にフラッシュバンド をはっていく。

水切りにもフラッシュバンド をはり、端部を屋根板のフラッシュバンド にオーバーラップする。

施工時の気温は5〜11℃であったが、プライマーにフラッシュバンド がよく密着して、

ヒーターは使わなかった。

隙間のできやすい箇所は、フレキシアクリル水性速乾型で被覆しておく。