堺市堺区宿院町西2丁目1番1号

施主:堺市

設計:(株)東畑建築事務所

施工:橋爪・日野建設工事共同企業体

使用材料:ウエテキシS

nigiwai003

堺で生まれた千利休、与謝野晶子のもてなし、創作の原点を紹介し、立札呈茶や茶室お点前体験などの茶の湯体験もできる。内容盛りだくさんの施設である。

堺市立歴史文化にぎわいプラザHP

外壁はカラーモルタルかき落とし仕上げで、全面がウエテキシSで撥水処理されている。一部にコンクリート打ち放し仕上げもあり、やはりウエテキシSが使用された。

nigiwai001

総施工面積は約1700㎡

Read more さかい利晶の杜 堺市立歴史文化にぎわいプラザ新築工事 はコメントを受け付けていません。

宮崎県西都市穂北原無田太陽光発電所

設置者:(株)晟洸

出力 :49.5kw

施工 :(株)クロダエコプロ

面積 :350㎡

haramuta002

クリアシールド・システムは太陽光発電パネルの表面にあるガラス層を保護し、最初の光透過性を維持して累積発電量を増大させ、さらにメンテナンスを軽減します。

haramuta001

Read more 原無田太陽光発電所クリアシールド処理 はコメントを受け付けていません。

設計:内藤弘策建築設計事務所

構造:建築力学研究所 工楽舎

施工:(株)藤木工務店

使用材料:コンプラストXP1000

yamanaka002

周辺は西日本屈指の高級住宅地。この瀟洒な住宅の全躯体コンクリートにコンプラストが使用された。

yamanaka003

Read more 芦屋市Y氏邸新築工事 はコメントを受け付けていません。

京都市山科区御陵四丁野町

設計:(株)東畑建築事務所

施工:(株)大林組

使用工法:クリアシールド・システム

クリアシールド・システムは耐久的なガラス面保護処理工法である。処理後のガラス面は、汚れにくく、洗いやすく、透明感・可視性・清潔さをより長期にわたり維持する。

biocenter001

Read more 京都薬科大学バイオサイエンス研究センター はコメントを受け付けていません。

埼玉県ふじみ野市鶴ヶ丘一丁目

設計:細谷功+スタジオ4設計

施工:(株)内田産業

使用材料:ウエテキシS & デックガードP20

stendhal001

ウエテキシSとデックガードP20は、ともにコンクリート打放し面を汚れにくくする浸透性吸水防止剤である。

stendhal002

鹿児島県肝属郡肝付町後田

事業主:ソーラーシティジャパン

施主 :サンシティジャパン

使用工法:クリアシールド・システム

54kwの分譲太陽光発電所を16区画建設中で、全ての太陽光パネルの表面ガラスにクリアシールドが指定されている。現在、7区画が設置済みで、その内、4区画がクリアシールド処理済み、3区画が未処理である。

1区画当たりのクリアシールド施工面積は約350㎡で、16区画では計5600㎡に及ぶ。

solarcity002

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

未処理区画の発電量が明白に低下したので、行ってみると、桜島の火山灰を被っていた。雨が降っても流されずに残り、太陽光の透過を妨げている。桜島までの距離は約40km。

solarcity003

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

一方、クリアシールド処理した区画は、火山灰が固着せず、雨に流されて、当初の発電量を維持していた。

愛媛県松山市枝松6丁目

設計:テイク設計事務所

施工:(株)エム・ワイ・ティ

使用工法:クリアシールド・システム

建物向かって右側の縦長のカーテンウォールのガラスを現場でクリアシールド処理した。

oda002

外部の見上げ

oda003

内部階段から見る。

山口県下関市豊浦町川棚

(株)多摩川ホールディングス

施工:(有)松建産業

パネル総数6318枚、1547.19kwの太陽光発電所である。その内の416枚のパネルをクリアシールド処理して経過をみることになった。

施工面積は540㎡

クリアシールドはガラス面を保護するだけでなく、最初の光透過率をより長期にわたって維持し、累積発電量を増大させる。

施工前のパネル面。

↓  ↓  ↓  ↓ toyoura002

現地固有の問題としてトンボの卵がある。産み付けによる被害がひどく、洗浄してもなかなか落ちない。

クリアシールド処理後。

↓  ↓  ↓  ↓ toyoura003

完璧な撥水状況が得られ、施工が正しく行われたことを示している。

東京都武蔵野市

設計:石和田建築事務所

施工:(株)北澤建設

コンプラストXP1000 & コンプラスト211

ピアノ室001

木造の母屋に連結して建てられたサイコロのようなRC造の離れで、ピアノ室である。

ピアノ室の全躯体コンクリートにコンプラストが採用され、仕上げは杉板本実型枠打ち放しである。屋根はコンクリート躯体防水

ピアノ室003

見事な仕上げである。

 

東京都渋谷区

設計:サヴァオアーキテクツ

施工:NK中条

コンプラスト211, RP264

ヴァルケッタ003

 

設計者自身の事務所に躯体防水用減水剤「コンプラスト」を採用いただいた。

Read more ヴァルケッタビル新築工事 はコメントを受け付けていません。